国学院大学栃木短期大学 Contact Site map Access 人間教育学科 日本文化学科 国学院大学栃木短期大学 Home
大学概要学科紹介入試情報進路(編入学・就職)キャンパスライフリンク集

教育課程編成・実施の方針に基づく学習成果

 本学の建学の精神、4つの約束のもとに敷衍された学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に示された能力、資質を獲得することが学習成果である。学生は、各学科各フィールドの教育課程をとおして、定められた学習成果を得ることが学習上の目標となる。
 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)に基づく日本文化学科、人間教育学科の具体的な学習成果は、次のとおりである。


 日本文化学科の学習成果

 日本文化学科では、3つの教育目標に従い7つの学習成果を定め、その獲得に向けた指導をしている。

  1. 主体的に学び、考え、判断し、実践する能力を身につける。
  2. 自己を認識して、基礎力とキャリア形成力を身につけて、自立した社会人になる。
  3. 日本文化を学ぶうえで必要である日本語による自己表現力を養い、その成果として卒業研究やゼミ論文を作成できる。
  4. 日本文化を知るうえで、他者を理解することが大切である。日本語と外国語を比較しながら、それぞれの歴史・文化・生活を深く理解して国際感覚を高める。
  5. 各フィールドの専門性を高め、教職、ビジネス、司書、学芸員、社会教育主事などの有用な資格を取得する。
  6. 2年間の学習をさらに発展させるために、國學院大学文学部・神道文化学部・経済学部への推薦編入学枠を積極的に活用する。
  7. 2年間の学習をいかして自分に相応しい進路(就職など)を選択できる。

 人間教育学科の学習成果

 人間教育学科では、教育目標を踏まえ、次の6つの学習成果を定め、その獲得に向けた指導をしている。

  1. 人間形成に関わる科目および家庭・社会生活に関わる科目を主体的に学習し、人間として成長していく知識と技能と感性を身につける。
  2. 日本の伝統や言語、生活様式などの日本文化を学び、グローバルにものをみる姿勢と社会貢献をする基礎力を身につけ、いかしていける。
  3. 実験・実習などの実践的学習によって、他者とのコミュニケーション力、実践力、協働と協調性を高める。
  4. 保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、養護教諭、中学校家庭科教諭、医療管理秘書士、フードスペシャリストなどの資格を取得し、自分に相応しい進路(就職など)を選択することができる。
  5. 2年間の学習を発展させるために、國學院大学などの四年制大学に編入学をすることができる。
  6. 現代が知識基盤社会であることを知り、情報を活用し、諸問題を解決できる知識、技術をもった社会人となる。


 
国学院大学栃木短期大学

© Kokugakuin Tochigi Junior College, All rights reserved. リンク・著作権・個人情報ポリシー